公認会計士で独立して沢山の顧客を獲得するには、次のような方法が考えられます。 ・税理士の資格も取得しておく ・様々な経験を積む ・人脈を広げる まず、公認会計士の主な仕事は、企業における決算書の監査証明を行う事ですね。 けれど、それだけの仕事で沢山の顧客を獲得しようとしても、限られてしまいます。 そのため、公認会計士の資格を取得すると、試験を受けずに登録するだけで税理士としての資格も取得できる事を利用して、税理士としての仕事も引き受けるようにしましょう。 それだけでも仕事の幅が広がり、顧客の増加が期待できます。 また、経験を積む事も大切です。 最初は、監査法人にて監査の実務経験を積むと思いますが、その後にすぐ独立するのではなく、一般企業にてコンサルティング業務を行ったり、税務関係の仕事をしたりするのもいいですね。 様々な業務の実務経験を積む事で、案件が入った時にも柔軟に対応する事ができるようになります。 顧客を獲得するためには、一通りのスキルは身に付けておくようにして、入ってきた仕事を断らない事が重要です。 それに、最終的には、人脈次第といった事もあるでしょう。 人によっては、次の顧客を紹介してくれる可能性もありますので、相手に満足してもらえるような仕事ができるよう、実力を付ける事が一番ですね。